お待ち!

酒飲みはまたまた思う。

居酒屋に何を求めて行くのか? 居酒屋にお洒落を求めてはいかないだろう。やはり普段着で人肌に触れるように空気に溶け込んで、うまい酒とつまみに舌鼓を打つ。そんなひと時を求めて行くのだ。酒を求めるのではない、つまみを求めるのでもない。そんなことなら家で飲んでりゃあすむ話だ。あくまでも大切なのは空気、なのだ。
そんなことをつらつら思いながら、相方のタニカツさんと小泉副市長の背中を追った。
副市長が指差す夜空には巨大な看板が上がっていた。

こだわり抜きます
愛と情熱をもって
一魚入愛
創業1952年 みんなのゑびす家

そう大書されていた。

目立つ!

「なかなか根性の入った元気な店ですよ」
副市長が少々赤くなった顔で笑った。枕崎酒場探訪の2軒目だ。聞けば仲買の鑑札を持ったマスターが漁港で直接買い付けた新鮮な魚を、安くで食べさせてくれるという。期待をふくらませて店内へ。ここはただの居酒屋ではない。炉端焼きなのだ。湯之元探訪でも訪ねたが、今となっては希少なスタイルだ。目の前の新鮮な素材中から食べたいものを選び注文する。自分で素材を確認できるのだ。提供する店からすればネタ自慢にもなる。

そそる!

その前に……。この店では少なからぬ若者が元気よく働いている。ハキハキした接客には好感が持てる。この店はどうやら客に楽しみと安らぎを提供しているだけではない。間違いなく枕崎の雇用に貢献しているはずだ。この空気はいい。客にも働く側にも心地いい空気なのだ。こういう空気に触れなが酒を飲み肴をつまむのは、酒飲み冥利につきるというものだ。

元気ぃ!

さて、酒だが、ためらうことなくお湯わりを。ここでは黒白波をいただく。枕崎で白波。当たり前といえば当たり前だが、これは本当にうまいのだ。確かに今流行りのすっきり系の焼酎もいいが、やはり香りとコクを楽しむお湯割には白波がいい。

おすすめ!

肴は何がいいだろうかと副市長氏にたずねる。
「肝でしょ! ここの肝は食べないと!」
彼は叫ぶように言った。肝とは鶏のレバーだ。ここは魚はもちろんだが、鶏もいけるのだと。宮崎産の日向地鶏を食べさてくれるそうだ。では、彼にしたがう。鹿児島では鶏を刺身で食べる習慣がある。肝も生で食べるのだが、最近はそうもいかなくなった。牛レバーによる感染症が問題になって以降、鶏の肝も生では食べないようにと保健所の指導が厳しいそうだ。そんなことを話しながら待つこと数分。出てきた肝の串焼きはプリプリだった。プリプリとはよく使われる表現だが、それが具体的にどうなのかはよく分からない。でもそうとしか言えないのだ。

プリプリ!

しかし、やはり魚を食べないとこの店は収まらない。1軒目で散々食べたじゃないかという感じだが、やはり魚だ。鰹のタタキを注文する。ここのタタキは塩で食べるのがいいそうだ。試してみる。醤油だと曖昧になるタタキの香ばしさが、ストレートで口中にひろがる。これはいい。炙りの浅い、上品な燻製を食べているようだ。しかもお湯割にはどうしようもないというくらい相性がいい。すぐに5合瓶が底をつきそうだ。

抜群!

目の前の枕崎産近海カマスが気になる。少々飲みすぎかと思ったが、いや、イクときはイク。塩焼きで注文する。新鮮だ。ほどほどに焼かれたカマスは身離れもよく、味もいい。塩だけで口に運ぶ。塩焼きなのに甘みを感じる。焼酎が……。

イクっ!

断っておくが、タニカツさんはいつも通り一切飲まない。飲まないがタバコは吸う。飲んでいるのは副市長としみてつだけだ。1軒目からすると2人でかなりの量を飲んでいる。しかしまあ、小泉副市長とは久しぶりだし、枕崎の夜も久しぶりだし、白波も肴もうまいし、仕方がないなと諦める。

久しぶりっ!

前に、湯の元探訪で「動く勇気・動かない勇気」ということに触れた。積極的に打って出るにも、踏みとどまって頑張るにも勇気が必要だということを言いたかった。みんなのゑびす家は昨年南九州最大の歓楽街と言われる鹿児島天文館に店を出した。地元の足場をしっかり固めたという確信の上での攻勢だったに違いない。その勇気が実を結ぶことを祈って応援したい。

変な2人!

どんな応援をするのかって?
決まってるじゃないか、枕崎でも天文館でも飲みまくるんだよ。

ちなみにタニカツさんだが、タバコを吸いに外へ出て戻ってくるなり、「近くのかつおラーメン屋が無くなっていた……」と残念そうにつぶやいていた。酒を飲まないのに酒場探訪。この人は変な人だ。

(文と写真:しみてつ)

みんなのゑびす家
住所 枕崎市西本町85
電話 0993-72-1737
営業時間 18:00~翌1:00(LO 23:40)
      [ランチ]11:30~14:00
      [ディナー]18:00~翌1:30
     (日・祝 23:30まで)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です